FC2ブログ
出逢いに感謝を込めて
税理士事務所を開業して感じたことなど気ままに綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ復興特別税が!
普通預金には、年に2回利息が入金されたり、
定期預金や定期積金も一定期間に利息が入金
または元本に組み入れられたりします。

その預金利息は、2012年12月31日まで
15%の国税である所得税と5%の地方税である利子源泉税が
差し引かれていました。

例えば4,000円利息が入金されていた場合を例に見てみます。

【2012年12月31日まで入金された利息】

4,000円÷0.8=5,000円 が受取利息
5,000円×0.15=750円(国税)
5,000円×0.05=250円(地方税)

普通預金    4,000円 / 受取利息 5,000円
租税公課(国税) 750円 /
租税公課(地方税)250円 /

その国税について、2013年1月1日より25年間
(2037年12月31日まで)「復興特別所得税」2.1%が
課税されます。


つまり・・・2013年1月1日より
国税の15%は、15.315% となります。
地方税は、2013年だけは 5%のままです。

例えば、3,993円、通帳に利息が入金されていた場合を見てみます。

【2013年1月1日以降に入金された利息】

(入金額)3,993円÷0.79685=5,010円 が受取利息
(受取利息)5,010円×0.15315=767円(円未満切捨て)(国税)
(受取利息)5,010円×0.05=250円(円未満切捨て)(地方税)

普通預金    3,993円 / 受取利息 5,010円
法人税等(国税)※767円 /            
法人税等(地方税)250円 /

※国税の767円は、源泉所得税及び復興特別所得税の合計

普通預金については、2013年1月1日以降に入金される
普通預金利息から復興特別所得税が課税され、
定期預金については、2013年1月1日以降の
中間利払時・解約時・満期時に入金されたり、
元本に組み入れられたりする利息から
復興特別所得税が課税されます。

※2012年11月30日現在の
「東日本大震災からの復興のための施策を実施する
ために必要な財源の確保に関する特別措置法」を参考に記載しました。
かなり複雑なため、今後改正等がある可能性もあります。


復興特別税

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。