FC2ブログ
出逢いに感謝を込めて
税理士事務所を開業して感じたことなど気ままに綴っていきます
税理士会研修にて
7月3日水曜日10時から16時まで
税理士会主催の研修会が開催されました。


年に何回かあり
よほどの予定がない限り
毎回のごとく出席しているのですが
今回は講師は素晴らしく(面白く)て退屈することなく
5時間研修を受けることができました。


資産税研修でしたが
小規模宅地等の課税特例の適用可否についてのお話がありました。


被相続人の居住継続要件に相続開始時に
被相続人が病院に入居していた場合は?
病院でなく自発的に老人ホームに入居していた場合は?
条例等により強制的に特別養護老人ホーム等に入居していた場合は?
介護付き就寝利用型有料老人ホームに入居していた場合は?
といった今社会問題となっている案件につき
裁判となった事例をあげながら詳しく説明してくれました。


小規模宅地の適用ができるか否かで
面積制限はあるものの80%や50%の評価減額ができるので
評価額は大きく変わってきます。


居住継続要件・・・
自宅を空家にして老人ホームに入居する高齢者は多いはず。
相続が開始してこんなはずじゃなかった・・・
と驚かれる相続人も出てくると思います。


やはり・・・
知ってないと税金は損しますね。